COLUMN
お役立ちコラム

"ウサギボタニカ"
シェフ

福士 雅巳
(盛岡市)

整理収納
コンサルタント

金田 玲子
(北上市)
料理

2021.8.21

「塩」で自然な甘味を引き出す「小豆かぼちゃ」

ご自宅で

「豆」を使った料理を作る機会はありますか?

豆類は沢山の栄養素が含まれている食材ですが、

和食の煮物の多くは、調味バランスとして、

しっかりお砂糖が入ります。

せっかくの栄養分なのに、調味料でヘルシーさを

打ち消してしまうことがあります。

今回は、「塩」だけで小豆、

かぼちゃの自然な甘味を楽しみながら、

カラダにも良いウサギボタニカの

オリジナルレシピを紹介します!

 

シンプルですが、

注意点が沢山あるので難易度高めです。

成功したら本当に心とカラダに染みる美味しさです。

トライ必須!!!

 

<材料>

小豆   250g

出し昆布  3〜4cm角を1枚

水  1,200〜1,500cc

かぼちゃ 1,25kg(小豆の5倍)

塩  10〜12g (かぼちゃの 120/1〜100/1量)

 

<作り方>

①小豆をざるに入れ、軽く洗う。

鍋に水、出し昆布一切れと一緒に入れ、

沸騰するまで強火にかける。

 

 

②沸いたら火を弱め、

コトコト45分〜1時間柔らかくなるまで煮る。

一粒食べて、皮が抵抗なく噛めたらok。

火から下げる。

この時、小豆が煮汁から少し出ているぐらいに

煮汁の量を調整する。

 

 

③かぼちゃの種を取り、皮目の傷んだ部分、

硬そうな部分を削り取る。

大体3cm角のゴロゴロの角切りにして、

ボウルに入れる。

 

 

④かぼちゃの量の120/〜100/1の塩を

かぼちゃに振り入れ、

ボウルをゆすって均等にまぶす。

 

 

⑤小豆の鍋にかぼちゃを入れ、蓋をして、

極弱火で25〜30分煮る。

 

 

箸でかぼちゃがホクッと割れたら煮上がり。

火から下げ、蓋を取り、

混ぜずに1時間以上置いて、味を馴染ませる。

 

 

 

〜ポイント1〜

結構な量のかぼちゃを入れて、

蓋をして煮るので、26〜30cmぐらいの鍋で!

小豆の5倍のかぼちゃは、

スタンダードなレシピに比べればだいぶ多め。

豆が得意ではない人でも「トライしてみようかな」

と思ってもらえるバランスにしました。

 

〜ポイント2〜

ボウルを使って、かぼちゃに塩を均等に

まぶすのがこの料理の決め手!

これをやらないと、味気ない部分、

塩辛い部分のムラができてしまう。

 

 〜ポイント3〜

小豆が煮上がった時の煮汁が少ない、

かぼちゃを加えてからの火加減が強いと

鍋底が焦げる原因になるので、

かぼちゃを加えてから煮ている途中、

煮汁が少なすぎないか確認をする事!

 

ー小豆は万能の食薬ー

小豆には、糖尿病や高血圧、動脈硬化などの

生活習慣病に効果的な

栄養分が豊富に含まれています。

食物繊維:大腸がん・動脈硬化の予防

血糖値の急上昇を防ぐ、コレステロール値を下げる

サポニン:中性脂肪を低下させる

アントシアニン:血液をサラサラにして動脈硬化を予防

カリウム:血圧の上昇を抑える

この他、疲労回復、美肌サポートなど…

嬉しい栄養素がギュッと詰まった食材です。

健康面が気になる方は、作り置きして、

少量で良いので毎日食べるのをおすすめします。

 

参考文献:アントシアニンと健康維持について

参考文献:ポリフェノールの皮膚における抗老化作用の検討


私がこの記事を書きました!
福士雅巳

福士雅巳

1968年、岩手県下閉伊郡山田町生まれ。
東京・四谷「オテル・ド・ミクニ」、フランス・リヨン、ボルドー、スイス・ジュネーヴのレストランで研鑽。
"ココロとカラダを美味しく整える料理"を楽しめる「ウサギボタニカ」(盛岡市・中の橋通)店主。

CONTACT

お問い合わせ

株式会社陽だまり工房
0120911561
受付時間/10:00~17:00(火曜・水曜・祝日定休)

Copyright c 陽だまり工房 All rights reserved.